効率的な勉強へ。図書館で勉強するメリットを中学生が紹介。

勉強

 

勉強場所として最も一般的な図書館。頭の中に選択肢としてはあるけど、実際めんどくさいし行ったことないな…。って人、多いと勝手に思ってます。てかこの記事がある以上そうであってないと困ります。

こんにちは。シュミ×ベンの管理者の一人のナルシストです。

今回は、悩める中学生のために図書館で勉強するメリットを紹介していきます。そこそこの進学校(?)に通い、日々勉強に追われる僕が実体験を踏まえていくので信憑性高しです。ぜひ、ご活用ください。  

 勉強せざるを得なくなる。

家にいるときって、なーんか勉強を始める気にならないですよね。youtube、漫画、テレビ、switchなどなど…。家にはあなたの時間を奪う誘惑でいっぱいです。それにリラックスしすぎてしまうので勉強するやる気が起きません。

しかし!図書館に行くことで誘惑は格段に減ります。switchも、漫画も、テレビもありません。もうあとは勉強するのみ。

まぁ、細かいことを言うとスマホがあるのですがそれについては事前に充電を減らしておくなどして必要ない作業ができないようにしましょう。

図書館に着いて一度勉強してしまえば、作業興奮という現象でやる気が自然と出てきます。始めさえすればこっちのもんってわけですね。

事実、私は試しに図書館に行かないで勉強をしてみたら(ってかしてないんですが)午前中全く勉強できませんでした。図書館のありがたみを改めて実感しました。

静かな環境で集中アップ↑

図書館は、本を読む人が集中できるように静かにしなければいけないですよね。

それによって、われわれ勉強する人の集中も続きやすくなるわけです。家にいると、掃除機の音だったり、兄弟の騒ぐ声だったりがうるさいですもんね。

また、静かな環境というのは緊張感を生みます。自分の行動一つ秘匿から出る些細な音に注目されるので気にするわけですね。緊張感ってのはすごく大事なもので、勉強の効率を上げていきます。

それに、この時から緊張感に慣れておけば定期テストの時も最高のパフォーマンスを出せること間違いなしでしょう。やったね。

資料がたくさん存在している

もちろん図書館なわけですから、周りには多種多様な本であふれています。

時々、勉強しているときに資料が必要になることありませんか?そんな時、図書館はあなたにとって最強の味方になります。調べ物をするときでも、本で調べればネットの情報より確かなものを得ることができます。

まぁ使える状況は限られますが、このような事態でも、図書館は対応できるってわけです。汎用性高し。

友達と勉強できる!!!!

勉強するって言っても、途中でやる気が尽きたり、モチベーションが足りずついつい作業を中断してしていませんか?もちろんそれはよくないことですよね。これには一つ大きな対策があります。

「友達と一緒に勉強すること」

です。友達と勉強することで勉強する気がわきますし、友達の頑張る姿を見て

「自分も頑張らなくては。」

と自信を奮い立たせることができます。ライバル的な人だとよりいいですね。

でも自宅に友達を入れて勉強するのって、親の許可がいりますし何かとハードル高いですよね。だからこそ図書館が最適なんです。ここなら友達とゲームに興じることもないですし集まりやすいです。

図書館をまく活用して、立派な学生生活を送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました